「初期投資を少なくして起業したい」と考える方も多いことでしょう。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

シェアオフィスを利用する

起業することを考えている人は、「初期投資を少なくして起業したい」と考えることでしょう。
いかにして初期段階での出費を抑えるかが気になる点で、万が一赤字を背負ったまま起業するようなことがあれば、その後の経営に大きな負担になりますし、即倒産という最悪なシナリオがあるかも知れません。
しかし、オフィスを構えるとなれば「初期投資を少なく」というのは難しいことかも知れません。
また、事務機器などの備品を用意したり、電話やインターネットなどのインフラを整備したりと、様々な費用が必要になってきます。
そこで、そのような悩みや問題を回避して起業する方法として、ひとつのオフィスを複数の企業で共有する「シェアオフィス」を利用するという方法があります。
シェアオフィスを利用することで、初期段階で多額の出費をしなくても起業が可能になりますし、人件費の削減など都合の良い面もいろいろとあります。
起業を考えているのなら、ひとつの選択肢として考えてみると良いかも知れません。
シェアオフィスとは「シェア」という言葉でも分かるように、複数の企業で共有するタイプの事務所です。
ですから、机などの備品は共用になりますし、パソコンや書類などは利用する度に持ち込む必要があります。
ただ、運営会社によってはパソコンなどを保管しておけるロッカーなどが設置されているケースがあります。
このような感じで、専用スペースや専用の固定電話などがないという点がレンタルオフィスと違い不便と感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、登記用の住所としての利用・電話や来客の応対・秘書付電話代行・会議室や商談スペースの提供などといったサービスが利用できるので、意外と利用価値がありますし便利かもしれません。
また、ノマドワーカー的な利用を目的とするのなら、作業や打合せなど必要な時だけに利用できるので無駄なコストがかかりません。
このように業務内容によっては不便かも知れませんが、逆に業務内容によってはコスト削減やサービスの利用など便利な点が多いといえるかも知れません。
あと、スペースを共有するため廻りの起業家との「マッチング」という魅力もあります。
例えば、他業種の起業家との協業がしやすくなったり、新しいアイデアやビジネスモデルを考案できたりと、ビジネスでプラスになるケースも考えられます。
そのため、起業家同士のマッチングに力を入れている運営会社もあるようです。
シェアオフィスのメリットとデメリットを理解して、利用を検討してみると良いかも知れません。

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.