便利な設備や様々なサービスを利用できるのが「サービスオフィス」です。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

サービス付きのオフィスとは

便利な設備や様々なサービスを必要とする時に必要なだけ利用することが可能なオフィススタイルが「サービスオフィス」です。
当然、机や椅子などのオフィス家具や設備、電話回線やインターネット環境といったインフラが整えられていて、入居後すぐに仕事をスタートできる状態になっています。
ですから、一般的な賃貸オフィスを利用するのと比較すると、家具やインフラが整っていて仕事をすぐに始められるので、初期費用や初期段階の時間を大きく節約することができます。
少数精鋭での独立開業や短期プロジェクトなどで利用すると便利かも知れません。
運営会社によって異なる点はあるでしょうが、その他実施されている様々なサービス内容の中からいくつかを紹介します。
まず受付スタッフが来客応対をしてくれて直ぐに知らせてくれますし、不在の場合には電話やメールにより伝言や対応をしてくれます。
外出時の電話転送や秘書として応対する電話代行というサービスもあります。
普通郵便と不在票の郵便物受取や宅配物の取次をしてくれます。
その他、コピー機やFAX複合機のメンテナンス・飲料自動販売機のメンテナンス・オフィスフロア清掃業務などのサービスもあります。
あと、インターネット環境やホワイトボードといった設備が整った会議室のレンタルサービスもあります。
このように、オフィスとしての機能や設備をはじめ、会社として必要とするサービスや機能が全て揃っているといえます。
ただし、契約内容にもよるでしょうが、多くのサービスを利用すればその分費用が必要になるので、サービスの利用頻度を考えて提供を受けることも大切かも知れません。
このようなサービスオフィスを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょう。
ただ、サービスを提供する会社や利用者によってメリットにも違いがあるので、一般的にいわれているメリットとして捉えると良いかも知れません。
1つ目は「初期費用を最低限に抑えられる」という点です。
多額の敷金や保証金は必要ありませんし、先に触れたように必要な設備が整っているので、起業時の初期費用を抑えられます。
2つ目は「ランニングコストを削減」という点です。
様々な設備が入居する会社との共同利用なのでランニングコストを削減できますし、会議室などは利用時間分のみ支払いとなります。
3つ目は、「運営会社がチームで迅速にサポート対応してくれる」という点です。
事務機器のメンテナンスをはじめ、要望するサーピで仕事をサポートしてくれます。
あと一概にはいえませんが、一等地に位置するビルが多いので信頼性のアップにつながる可能性がありますし、利便性に優れているなどもメリットになります。

 比べてお得!

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.