新しいオフィススタイルといえる「バーチャルオフィス」というのがあります。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

バーチャルの利用用途と利用時の注意点

実際に賃貸物件などを借りることなくビジネスを展開することが可能な新しいオフィススタイルといえるのが「バーチャルオフィス」です。
ビジネス展開や法人登記に必要となる住所・電話・FAXといった基本サービスをはじめ、様々必要とされるサービスを提供しています。
そこで「どのような利用用途があるのか?」、「利用時の注意する点は何か?」などを知っておくことも大切です。
個人や会社でいろいろと違った利用用途があるので、まずは代表的な例を知っておくと良いでしょう。
1つ目は「ネットビジネスのリスク回避」という目的での利用があって、ネットで商売することが増えているネット社会に適した利用用途です。
個人の自営業やSOHOで自宅の住所や携帯電話・自宅電話の番号など、個人情報を公開することに抵抗を感じることがあります。
そのような場合に利用することで、プライバシーの保護やリスク回避をしながらビジネスを展開することが可能になります。
2つ目は「会社設立・法人登記」という目的での利用で、コスト削減につながるという大きな魅力があります。
賃貸オフィスなどを借りるのと比較すると10分の1程度にコストを抑えられるので、初期費用の削減と共にリスクの削減になります。
3つ目は「各種団体・NPO法人・グループ活動」での利用というのがあって、単にビジネス的な要素だけではないのです。
各種団体・NPO法人・グループ活動する場合に、「名刺などに掲載する電話番号や住所をどうする?」という問題があります。
1つ目で記載したような問題点がこの場合にも起こるので、バーチャルオフィスを利用することで問題を解消できるといえます。
次に、バーチャルオフィスでスタートして「こんなはずでは」ということが無いように、事前に確認した上で利用することが大切です。
利用する際に注意する点として、どのような事柄があるのか知っておきましょう。
まず、公的機関へ届け出や許認可を必要するビジネスでは、認可や許可がされないケースがあるということを理解しておきましょう。
具体的には、古物商の許可や社会保険加入など「賃貸借契約書」などが必要な場合です。
次に、どのような物件にもいえることですが、サービス閉鎖というリスクがあるということです。
ですから、利用する際は「閉店の予定ありますか?」など、ストレートに確認してみることも必要かも知れません。
あとビジネスで利用する場合には、取引先や顧客にわざわざ伝える必要はありませんが、分かってしまった場合でも自信を持って対応することが大切です。
「バーチャルオフィスで成功している人は数多くいる」このことを認識しておくことが大事かもしれません。

 比べてお得!

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.