「仮想の事務所」といえるのが「バーチャルオフィス」です。どのような内容でしょうか。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

「仮想の事務所」といえるサービス

実際に事業所としてのスペースや備品を借りるのではなくて、会社住所・電話やFAX番号などのオフィス機能に必要と考えられているものだけを利用するレンタルオフィスを「バーチャルオフィス」といいます。
バーチャルというのは「仮想の」という意味なので、まさに「仮想の事務所」といえます。
ただし、従来の私設私書箱や電話代行サービスと違って、オフィス機能に必要なサービスを組み合わせて利用できるシステムです。
ですから、スペースを借りていなくても実際に事業運営しているところに連絡が来るようになっていますし、郵便物などに関しても転送されるようになっています。
このサービスを利用することにより、個人事業主の方は自宅の住所や電話番号を表に出さなくて済みますし、地方で事業展開している方が都心部で事業展開するのに利用することもできます。
またレンタルオフィスと合わせて提供している場合は、ミーティングルームや会議室などの施設が利用できるので打ち合わせや会議も可能で、通常の事務所と同じ使い方ができます。
さらに、新しく事業を始める際に、万全の環境を整えることはコスト面や時間面で大変です。
このサービスを利用すれば、事業立ち上げの初期段階におけるコストや時間を極力抑えることができます。
このようなメリットが数多くあるので、個人事業主や新しく個人で事業を始める方にとっては最適なサービスといえるかも知れません。
バーチャルオフィスの運営形態には、「レンタルオフィスが提供」と「専門で提供」の2種類に大きく分類できます。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、それらを理解して戦略やコスト、利便性に適したものを選択すると良いでしょう。
レンタルオフィス業者が提供するタイプは、先にも触れましたがミーティングルームや会議室などが併設されているので、それらの施設の利用頻度が高い場合には良いかも知れません。
また、名の知れた立派なビルにオフィスが有るケースが多いので、その点を活用すると考えている方にもおすすめです。
ただ、料金が高いというデメリットがあるので理解しておきましょう。
専門で提供しているタイプは実際のスペースが無いケースが多いのですが、最近では会議室程度のスペースを提供しているところもあります。
ただ、実際のスペースや特別な設備などが不要で運営が可能なため、価格的にはかなり安くなっている場合が多いです。
ですから、ステップアップしながらビジネスを進めていきたいと考える場合や初期段階は最低限のツールだけで良いと考える場合には、専門事業者の方を利用すると良いかも知れません。

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.