低コストで利用できるのが「レンタルオフィス」ですが、様々なタイプがあります。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

利用形態による分類を理解しよう

独立開業する場合に、一般的な賃貸オフィスを利用するよりも低コストで利用できるのが「レンタルオフィス」です。
ただ、一口にレンタルオフィスといっても様々なタイプがあって、サービス内容に違いがあったり、かかるコストに違いがあったりします。
ですから、自分のビジネスニーズにピッタリの施設とプランを選択することが大切なポイントになります。
具体的には、利用形態・サービス内容・コスト・エリア・運営主体などをチェックすると良いかも知れません。
その中で重要視したい「利用形態による分類」を理解して、それぞれの特徴や違いなどを知っておくと役立つかも知れません。
利用形態で大きく分けると、専有型・シェアオフィス型・バーチャル型・インキュベーション型があります。
「専用型」は最も一般的な利用形態で、その名の通り契約期間中は専用の個室が確保できて、普通の賃貸事務所に一番近い形です。
ですから、荷物を置きっぱなしにすることも可能ですし、お気に入りの備品を持ち込んだり、お気に入りのレイアウトをしたりすることも可能です。
施設によっては建物のキーを預かかることも可能で、24時間出入りできるケースもあります。
「シェアオフィス型」は「シェア」という言葉で分かるように、複数の会員で個室やデスクを共有するもので、事務所に毎日出勤する必要がないケースに向いています。
スペースを共有するのでコスト削減というメリットはありますが、荷物を個室や机に置いたままにできないことや毎回違った場所を使用するといったデメリットもあります。
通常シェアオフィス型には、入会金を支払い登録した会員のみが利用できる「会員制」と、スペースの時間貸しという概念の「時間貸し」の2タイプがあります。
「バーチャル型」は「バーチャル」という言葉で分かるように、実際に部屋や机などといった空間を借りるのではなくて、住所や電話番号・FAX番号などを借りるものです。
ただ、「私設私書箱」や「電話代行サービス」などと違って、必要なサービス(事務所機能)をコーディネートして組み合わせることが可能です。
また、ミーティングルームや会議室などの施設を必要に応じて利用することも可能です。
「インキュベーション型」は起業をサポートして成長を助けることを目的としたもので、技術的・経営的なコンサルティングをしたり、特殊な機能を備えたりしています。
このような目的のため公的機関で運営されていることが多くて、民間施設と比較してコスト面が抑えられるメリットがあります。
ただ特定の業種に限定されたり、会社設立からの年数などの条件があったりして、様々なハードルが課せられることも多いです。

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.