独立開業する際に、テナントなどを借りる余裕がない場合には「レンタルオフィス」を利用すると良いかもしれません。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

「レンタルオフィス」というのは

独立開業をする際に必要なものはいろいろとありますが、まず「オフィス」は一番に必要なものといえるでしょう。
ただ、初期費用を抑えたいというのが本音で、テナントなど借りる余裕がない場合が多いかも知れません。
そのような時に役立つ「レンタルオフィス」というのがあるので、どのようなものなのかなどを知っておくと良いかも知れません。
レンタルオフィスというのは、業務に必要な事務機器などインフラが整った事務所を低コストで借りられる貸事務所です。
また、様々な付帯サービスが充実しているという特徴もあります。
ただし、一口にレンタルオフィスといっても様々なタイプがあって、ワンフロアを3〜6畳程度のスペースにパーテンションで区切ったものが代表的といえます。
また、共同スペースで机だけ使えるようになっているタイプや1部屋タイプというものもあります。
あと、来客や商談など事務所が必要な時だけ利用するタイプもあります。
利用する場合は、単に賃料だけではなく様々な付帯サービスを確認する必要があるでしょう。
特にひとりで独立開業する場合は、受付や電話対応などの付帯サービスがついいていると便利なので、必要な付帯サーピの有無をチェックすると良いでしょう。
また、インターネット環境・FAXやコピー機・会議や商談スペースといった点も重要なので、料金を含めて確認する必要があるでしょう。
この他にも共益費や駅からの交通の便など、総合的なコストと利便性を考えて選択することが大切です。
賃料が安い場合でも共益費が結構高い金額かかってしまうケースもあります。
ですから利用する際の注意点として、賃料だけでなく共益費など含めた総合的な月のコストを計算して検討するのが良いでしょう。
例えば、会議室を頻繁に借りる必要がある場合は、無料か有料化で経費も大きく変わってきます。
レンタルオフィスを選択する際は、独立開業後の事業運営に添う形で検討する必要があるでしょう。
あとレンタルオフィスは、一時的な都合や特定期間での利用にどちらかといえば向いていて、使用期間が長くなると通常のオフィスよりも高くなるケースもあります。
ですから、ある程度事業が軌道に乗るまでの利用という考え方が良いかも知れません。
軌道に乗ってきたら通常の賃貸オフィスの利用も視野に入れて検討することも必要かも知れません。
その時は、オフィス家具や事務機器などの備品を「リース」するという方法もあります。
費用を安く済ませる方法として、リースというのも検討すると良いかも知れません。

 比べてお得!

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.