起業する際に初期費用のコスト削減などができる「シェアオフィス」というのがあります。

レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情

シェアのメリットとデメリット

「いかにして初期段階の出費を抑えるか」が、起業を考えている人にとっては気になる点といえます。
特に、仕事場を構えるとなれば莫大な費用が必要になりますし、事務機器や設備を整えるための費用も必要になってきます。
そこで、ひとつのオフィスを複数の会社で共有する「シェアオフィス」の利用を検討してみると良いかも知れません。
初期費用を削減できて多大な出費をせずに起業できますし、様々なサービスが充実しているので便利です。
ただ起業後に後悔しないためにも、事前にどのようなメリットとデメリットがあるのかを理解しておくことも大切です。
シェアオフィスのメリットは、何といっても「初期費用の大幅な削減」「設備投資の削減」「人件費の削減」といった、コスト削減があります。
事務所を新しく建てたり、賃貸を利用したりすると様々な費用が必要になって、初期費用が莫大になってしまいます。
しかしシェアオフィスなら、1ヶ月数千円〜数万円で契約することが可能なので初期費用を大幅に抑えられます。
また、必要な事務用品やOA機器が完備されているので、設備投資の費用が削減できます。
さらに、電話代行サービスなど様々なサービスを利用することが可能で、そうすることで事務員を雇う必要がなく人件費の削減もできます。
次のメリットとしては「他社との交流ができる」「人脈作りができる」といった点です。
ひとつオフィスを複数の会社が共有するため、自然と交流が築きやすくビジネスのヒントにつなげることができるかも知れません。
また、思わぬ所で思わぬ人や企業とのつながりができるかも知れなくて、そこから新たな人脈が生まれることもあります。
あと一等地に多くあるためその住所をそのまま使用することで、相手に与えるイメージをアップさせることができるかも知れません。
些細なことですがメリットといえるでしょう。
一方デメリットとしては、先に述べたメリットに反するかも知れませんが、複数の業者が同じ場所を使用するので、変な会社と怪しまれる可能性があるという点です。
特に、インターネットが普及している現在では、ネット検索で分かる可能性があります。
複数の業者が同じ空間を共有するので、「セキュリティの不安」や「他社との折り合い」というのがデメリットになる可能性があります。
必要以上に金銭管理やセキュリティという面で過敏になる必要があるかも知れませんし、様々な面で折り合いをつけるのに一苦労するケースも考えられます。
このことが、「気持ちを休めるのが難しい」という精神的な負担になってしまうかも知れません。
起業する際にメリットやデメリットを理解して利用を検討しましょう。

Copyright (C)2017レンタルでも悪くないかも?今どきのオフィス事情.All rights reserved.